VISAデビットとは?JCBやクレカと比べて分かったメリット3つ

VISAデビットとは?JCBやクレカと比べて分かったメリット3つ

最近は色々な支払いをクレジットカードで済ませる人が多くなりました。ところがクレカの新規発行数は頭打ち、ここにきてグググっと発行数をのばしている決済カードがデビットカードなんです。

とくに、海外に強いと言われるVISAマークつきの「VISAデビット」が世界を飛び回る人々のマストアイテムとなっています。今回は、そんな大人気のVISAデビットカードを中心に、クレカとの違いやメリットデメリットを紹介していきます。

デビットカードってクレジットカードと何が違う?

多くの日本人が2枚以上のクレジットカードを所有している時代ですが、「クレカは知ってるけどデビットカードはよく知らない」という人は珍しくありません(全然恥ずかしいことでもありません)。デビットカードとクレジットカード、どちらもショッピングやレストランで支払いに使える決済カードですが、確かにどういう違いがあるのか少し分かりにくいですよね。

VISAデビットって上戸彩ちゃんがCMしてたよね?クレカじゃないの??

デビットカードも基本的にはクレジットカードの一種として考えて問題ありません。クレジットカードが使えるお店なら、だいたいデビットカードも問題なく使えるので、その点は分けて考える必要はありません。

デビットカードとクレジットカードはお金が引き落とされるタイミングが違うのよ。

実は、デビットカードとクレジットカードの一番の大きな違いは支払い方法です。クレジットカードは、何かを買った時にすぐにお金を支払うのではなく一旦カード会社が立て替えて、決められた支払日に利用者の口座から引き落とされる仕組みになっています。簡単に言うと、クレジットカードは実際支払うまでにある程度の猶予があるということですね。

一方デビットカードの場合は、カードで支払いをした瞬間に引き落としが行われます。簡単に言うと、デビットカードは現金払いと同じ感覚で使えるということです。これがクレジットカードとデビットカードの大きな違いです。知らずに使うと支払い方法の違いに戸惑うこともあるので、これだけはしっかり把握しておきましょう。

クレカと比較してわかった「デビットカードのメリット」

クレジットカードと同じように使えるデビットカードですが、クレジットカードにはない多くのメリットがあります。

無審査でカード発行、ブラックでも問題なし

まず多くの人にとってメリットになるのが、入会審査がないということですね。デビットカードはクレジットカードとは違い、銀行口座と直結した即時決済型のカードになっています。つまり借金ではないので、クレジットカードのような与信審査がありません。「口座さえ開設できれば誰でも作れる」のがデビットカードの大きなメリットです。

最近のネットショッピングなどはカード払いが前提になっている所が多いので、カードを一枚持っておきたいという人も多いと思います。しかし、「収入が足りない、過去に携帯料金を延滞してしたことがある」といった理由でクレジットカードの審査に通らなかったという人もいるのではないでしょうか。そういう人こそ無審査で発行できるデビットカードがおすすめです。

ブラックリストって本当にあるの?

世間で言われるブラックリスト、実はそんなものはこの世に存在しません。

ただし、クレジットカードや携帯料金の滞納といった金融トラブルを繰り返し起こしてしまうと「金融ブラック」と呼ばれ、クレジットカードやカードローンの審査に通らなくなってしまいます

なぜ、他社で起こした滞納などのトラブルが発覚してしまうのかというと、現金ではないクレカでの支払いやキャッシングなどの利用状況は全て「信用情報機関」という所に登録されています。

クレカやローン(スマホの分割払いや住宅ローン、カードローンすべて)に申し込みを行うとローン会社は信用情報機関にデータ照会を行い、過去の金融トラブルを必ずチェックします。万が一、ここでブラック情報が見つかるとローン審査に通ることはありません。

クレジットカードより年齢制限が低い

デビットカード対象年齢

デビットカードの発行には年齢制限が設けられているのですが、クレカの18歳より低い15歳以上としている所が多いので高校生でも気軽にカードが作れます。学生さんで支払い用にカードを持ちたいという方は、デビットカードを作りましょう。

また、高校や大学でお子さんを留学させるという場合にも、わざわざ海外にお金を送金する必要がないのでデビットカードがおすすめです。

借金は怖い!堅実派にピッタリなのがデビットカード

お金を使い過ぎないというのもメリットですね。クレジットカードは支払いまでに猶予があるということで、ついつい使いすぎてしまうことってありますよね。また、利用限度額までならお金がなくても買い物できてしまうので、無理な買い物もできてしまいます。その点デビットカードは使った時にすぐにお金が引き落とされるので、使いすぎる心配がありません。口座に入っている分しか利用できないので安心です。

クレカと比較してわかった「デビットカードのデメリット」

一括払いしかできない、分割払い希望ならクレカを選択

デビットカードのデメリットですが、まずは分割払いやリボ払いができないという点があります。普通のクレジットカードならできるのですが、デビットカードは利用した時にすぐ口座引き落としになるため、一括払いのみの対応になります。

キャッシング機能もないので、一時的にお金を借りることもできません。もしそういった目的で利用を考えているなら、デビットカードではなくクレジットカードを選んだ方が良いでしょう。

キャッシングでドツボにハマった私は、クレカもカードローンもこりごり。

クレカよりポイント還元率が低い

クレジットカードというと、ポイントを貯めてお得に使えるというイメージがあるかもしれませんが、デビットカードはポイント還元率がそこまで高くありません。

とはいっても、全くポイントが貯まらないというわけではなく、キャッシュバックやポイントサービスが受けられるデビットカードが多数なので、「自分のお金を使うだけなのにポイントがつくなんてお得」と考えれば決して損ではないことがわかるはずです。

還元率が高いデビットカード

・GMOあおぞらネット銀行デビットカード
※一般的なクレカの還元率0.5%に対して、GMOあおぞら銀行デビットカードの還元率は0.6%

海外利用で最強のVISAデビットとは?

海外利用で最強のVISAデビットとは

デビットカードを作る時には、visaデビットカードとJCBデビットカードから選ぶことができます。これらを比較した時、一番の大きな違いは海外で利用する時の便利さです。

visaはカードの発行数や加盟店数が世界で1位のブランドです。国際決済業務でも世界1位になっているので、海外で利用する場合にJCBに比べると使えるお店が圧倒的に多いため、断然有利です。

日本国内だけで利用する分には、どちらでもそれほど不便さを感じませんが、海外で利用する機会が多い人はvisaデビットカードを選んでおいた方が良いでしょう。特に海外でデビットカードが使えると海外のATMで現地通貨を引き出せるので、お金を両替する手間が省けて非常に楽です。

VISAデビットカード 金融機関
三菱UFJ-VISAデビット 三菱UFJ銀行
SMBCデビット 三井住友銀行
JNB Visaデビット ジャパンネット銀行
ミライノ デビット(Visa) 住信SBIネット銀行
Sony Bank WALLET ソニー銀行
イオンデビットカード イオン銀行
SURUGA Visaデビットカード スルガ銀行
楽天銀行デビットカード(VISA) 楽天銀行
GMOあおぞらネット銀行VISAデビット GMOあおぞらネット銀行

▼VISAデビットならジャパンネット銀行デビットカードがおすすめ。

▼三菱UFJデビットならJCBかVISAが選べます。

デビットカードを知るカテゴリの最新記事

//画面下オーバーレイ