ソニー銀行Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)のメリットとデメリットをまとめてみた

ソニー銀行Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)のメリットとデメリットをまとめてみた

ソニー銀行のSony Bank WALLET(Visaデビットカード)は通常のクレジットカードよりも便利でお得な点がたくさんあります。メリットが多いため、クレジットカードを差し置いてメインカードになり得る存在です。ただし、いくつかデメリットもあるので、利用する際は注意しなければなりません。

まずは、SonyBankWALLETのメリット・デメリットをきちんと把握しておきましょう。

SonyBankWALLETの特徴

SonyBankWALLETとは、ネット銀行のソニー銀行が発行しているVisaデビットカードです。ソニー銀行のキャッシュカード機能と、Visaデビットの2つの機能が備わっているため、このカードを持っていれば、わざわざ口座から現金を引き出さなくてもレジで支払いを済ませることができます。財布の中に現金がないときでも、このSonyBankWALLETが役立ってくれるでしょう。

 

Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)

最大2.0%キャッシュバック
●年会費・発行手数料無料
●審査なし

年会費 0円
国際ブランド VISA
ポイント 国内のご利用で毎月0.5%をキャッシュバック
(ステータスによって最大2%)
他行宛ての振込手数料毎月2回まで無料
オススメ度 ★★★★☆

手続はWebで完結、高校生でも入会審査なしで発行可能

ソニー銀行に普通預金口座を開設している満15歳以上歳以上の人であれば、誰でもSonyBankWALLETを持つことができるので手間がかかりません。原則として入会時の審査も不要なので、審査落ちなどの心配をする必要もありません。通常のクレジットカードは18歳以上からしか持つことができませんが、SonyBankWALLETなら高校生でも利用可能なので、日頃のショッピングが楽になるでしょう。

SonyBankWALLETは、申し込み方法もいたって簡単です。オンライン上で全ての手続きが完結するため、わざわざ店舗まで出向く手間がかかりません。普段忙しい人も、すぐにSonyBankWALLETを作ることができるでしょう。

Visaマークのあるお店ならどこでも利用可能なので、国内や海外でショッピングする際にも特に困ることはありません。利用する場面は多岐にわたるので、1枚持っておけば重宝します。

セレブもゲーム好きも満足、選べる提携カードあり

SonyBankWALLETには、PlayStationデザインのカードとタカシマヤプラチナデビットカードの2種類の提携カードがあります。

 

Sony Bank WALLETの提携カード

PlayStation SonyBankWALLET PlayStation
タカシマヤプラチナデビットカード タカシマヤプラチナデビットカード

●PlayStationデザイン

ソニーストアでの買い物が3%オフになったり、PlayStationStoreで2%キャッシュバックを受けられるなどの特典があります。普段、ソニーストアやPlayStationStoreで買い物をする方は、こちらのカードが適しているでしょう。

●タカシマヤプラチナデビットカード

タカシマヤの優待サービスが受けられるカードなので、普段タカシマヤを利用することが多い人に最適です。ただし、ソニー銀行のホームページから申し込むことはできません。高島屋のホームページでしか申し込むことができないので注意しましょう。

使い過ぎ対策も万全、借金嫌いの現金派が持つべきはこのカード

SonyBankWALLETの場合、カード利用と同時に即時に口座から引き落とされるため、残高を超えた支払いをすることができません。そのため、残高以上に使い過ぎる心配がないので安心です。

またSonyBankWALLETアプリを使えば、スマホで残高や取引履歴をワンタッチでチェックできるため、使い過ぎている場合はすぐにわかります。自分で利用限度額を設定することもできるので、事前に限度額を低く設定しておけば不正利用のリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

SonyBankWALLETのすごすぎるメリット3つ

デビットカードなのにポイント還元率が高い

Sony Bank WALLETのメリット

SonyBankWALLETの最大のメリットは、還元率の高さです。還元率はステージランクによって異なりますが、最大2.0%還元されるため、毎回Visaデビットカードで支払いをすれば、還元される現金も多くなります。

SonyBankWALLETの場合、ポイントが貯まるシステムではなく、自動でキャッシュバックされる仕組みなので、いちいちポイントを交換する手間がかかりません。ポイントの有効期限などもなく、還元率分の現金が自動的に口座に振り込まれるため、ポイントの使い道に困ることもありません。この点は非常に楽だといえるでしょう。

しかも年会費は無料なので、買い物する際は現金で支払うよりもSonyBankWALLETで支払った方が絶対にお得です。

還元率が高いデビットカード

・GMOあおぞらネット銀行デビットカード
※一般的なクレカの還元率0.5%に対して、GMOあおぞら銀行デビットカードの還元率は0.6%

持ってるだけで振込手数料が無料になる

SonyBankWALLETは持っているだけで、ソニー銀行からの振込手数料が毎月2回まで無料になります。他の銀行の場合、振込手数料を無料にするには一定の条件をクリアする必要がありますが、無条件で無料になるのはSonyBankWALLETだけが持つ大きな強みだといえるでしょう。

SonyBankWALLETは他社と比べて保険がスゴイ

SonyBankWALLETは、ショッピング保険や不正利用補償などのセキュリティが充実しているので、安心して使い続けることができます。ショッピング保険の場合、購入日から60日間、年間50万円まで補償されるので、高額な商品を盗難されたり破損されても安心です。デビットカードにショッピング保険がついてるのはかなり稀なので、これは大きなメリットだといえるでしょう。しかも、国内の1回払いでも保険が適用されるので、他のカードと比べてかなりお得だといえます。

わぉ!ショッピング保険つきのデビットカードなんてあったんだぁ~。

通常の年会費無料のクレジットカードでも、ショッピング保険が適用されるのは、海外利用やリボ払いのみに限られている場合がほとんどなので、SonyBankWALLETはこの点でかなりメリットが大きいといえます。実店舗だけでなく、ネットで購入した商品も補償の対象となるので、普段のネットショッピングも安心して楽しむことができるでしょう。

また、不正利用補償も30日前まで遡って実質全額補償されるので、万が一の場合でも安心です。SonyBankWALLETは、カードを利用した際にメールで知らせてもらえるので、万が一不正利用された時もすぐに気づくことができます。ネットショッピングの場合、不正利用される危険性が常に潜んでいるので油断することはできませんが、SonyBankWALLETならショッピング保険と不正利用補償で守られているので、安心して買い物ができるでしょう。

SonyBankWALLETのデメリット

高還元率Getのハードルが厳しい

SonyBankWALLETのデメリット

SonyBankWALLETは最大2.0%の還元率が適用されますが、そのためにはステージの条件をクリアしなければなりません。

ステージなしの場合は0.5%、シルバーで1.0%、ゴールドで1.5%、プラチナで2.0%還元されます。シルバーでも預金300万円以上が必要になってくるため、ゴールドやプラチナのステージ条件をクリアするのはかなり厳しいといえます。

ポイント還元率は基本0.5%に設定されていますが、この還元率は他の高還元デビットカードと比較すると低いと言わざるをえません。ステージ条件をクリアできる人にとってはメリットの大きいカードですが、それ以外の人にはあまりお得に感じないかもしれません。

SonyBankWALLETにはお得なキャッシュバックがありますが、海外利用の場合はキャッシュバックを受けることができません。キャッシュバックが受けられるのは国内利用のみとなるので、注意しましょう。

補償金の返金に時間がかかる

SonyBankWALLETには不正利用の補償がついていますが、返金されるまでに時間がかかるので注意が必要です。不正利用された時は、同時にお金が引き落とされてしまうため、限度額を高額に設定していると、しばらくの間はそのお金が戻ってこないことになります。そのような事態に備えるために、限度額はあらかじめ低めに設定しておいた方がいいでしょう。

また、SonyBankWALLETにはショッピング保険と不正利用補償がついていますが、海外旅行傷害保険が付いていません。そのため、海外で入院したりケガを負った場合は、高額な医療費を支払うことになってしまいます。海外へ出かける際は、あらかじめ海外旅行障害保険に入っておきましょう。

実はデビットカードにショッピング保険がついてるだけでもスゴイんだけどね

海外利用に便利なSonyBankWALLET

海外でのカード決済手数料を無料にできる裏技あり

海外利用に便利なSonyBankWALLET

ソニー銀行では、日本円のほか外貨10通貨と連動しているため、SonyBankWALLETがあれば海外でもキャッシュレスでショッピングを楽しむことができます。

通常のクレジットカードの場合、海外でカード払いをすると、数%の海外事務手数料が取られてしまいます。そのため、大きな買い物をすると手数料の額も大きくなってしまうデメリットがあります。

その点、SonyBankWALLETの場合、外貨普通預金口座を開設しておけば海外でのカード決済手数料が無料になるため、国内と同じように海外でも安心してショッピングを楽しむことができます。SonyBankWALLETのように海外でも手数料無料で使えるカードは、クレジットカードとデビットカード含めてもかなり稀な存在なので、海外出張や海外旅行に出かける際はぜひとも持っておきたいカードです。

万が一、外貨普通預金口座の残高が不足していても、不足分の外貨を普通預金口座から自動的に購入することができるため、残高を気にする必要はありません。SonyBankWALLETは海外で買い物する際に非常に便利なカードだといえるでしょう。

ただし、手数料を無料にするためには、「事前に外貨普通預金口座を開設しておくこと」と、「対象は10通貨のみ(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナ)」という2つの条件があるので、この点だけは注意しておきましょう。

事前に両替する必要なし、ATMから現地通貨が引き出せる

現地通貨が引き出せる

現地通貨を利用したいときは、VISAまたはPLUSのマークがある海外ATMで引き出すことができます。ATMは空港やショッピングセンターなどにも設置されているので、いつでも引き出したいときに利用することができます。

海外留学の強い味方

SonyBankWALLETは満15歳以上なら本人名義のカードを発行することができるため、留学する際にも様々な場面で役立ってくれます。事前にSonyBankWALLETを作っておけば、現地で口座を作る手間がかかりません。円口座に事前に振り込んでおけば、自動で外貨に両替できるため、わざわざ海外送金する必要もありません。

SonyBankWALLETがあれば、海外で現金を多く持つリスクを軽減できます。海外に不慣れな未成年者が初めて留学する場合でも、SonyBankWALLETが心強い味方になってくれるでしょう。

ソニー銀行Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)の作り方

ソニー銀行の口座開設申し込み時にSonyBankWALLETを申し込むことができます。すでに口座を持ってる場合は、サービスサイトにログインして申し込んでください。

ペーパーレス口座開設で申し込めば、面倒な書類の郵送がありません。

※本人確認は、本人限定受取郵便で送付されるカードの受け取り時に行います。

①公式HPの「ペーパーレス口座開設」ボタンを押し、必要事項を入力
②受付後2日程度で「口座開設完了メール」が届く
③口座開設後5~7日程度で「通知書」が届くので、説明に従って配達日時と受け取り方法を選ぶ
④郵便配達員に本人確認書類を提示してカードを受け取る
⑤利用OK!

 

▼本人限定受取郵便に必要な本人確認書類

・運転免許証
※運転免許証以外の免許証(小型船舶操縦など)は不可。
・住民基本台帳カード(写真付きのもの)
・各種健康保険証(共済組合員証は健康保険証に準ずる)
・各種年金手帳
・各種福祉手帳
・個人番号カード
いずれか1点

 

▼ソニー銀行Sony Bank WALLET(Visaデビットカード)のスペック

商品名 ・Sony Bank WALLET
ポイント還元 あり
ポイント付与内容 国内のご利用で毎月0.5%をキャッシュバック
(ステータスによって最大2%)
他行宛ての振込手数料毎月2回まで無料
国際ブランド VISA
利用可能な場所

・国内外のVISA加盟店舗
・ネットショップ
・「VISA」「PLUS」マークのある海外ATM(現地通貨の引き出し)
・公共料金、携帯料金の引き落とし

入会審査 なし
利用対象者

満15歳以上
(未成年でも親権者の同意不要)

年会費 0円 無料
支払い方法 原則、即時引き落とし
支払い回数 1回
限度額 最大、1日200万円まで
※初期設定は50万円(変更可能)
※普通預金残高以上の利用は不可
保険 第三者不正使用保険付帯
(一日の利用限度額の範囲内)

Visa認証 対応

デビットカードを選ぶカテゴリの最新記事