住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカードのメリットとデメリットをまとめてみた

住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカードのメリットとデメリットをまとめてみた

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは使い勝手がいいので、一枚持っておくと重宝します。海外旅行に行く際も、様々な場面で活躍してくれるでしょう。

ただ、メリットがたくさんある一方で、いくつかデメリットもあるので、利用する際は注意しなければなりません。メリットとデメリットの両方を考慮して、自分に合った使い方を見つけていきましょう。

住信SBIネット銀行Visaデビットカードの特徴

住信SBIネット銀行は、実店舗を持たないネット専業の銀行です。住信SBIネット銀行で口座を開設すると、発行手数料無料でVisaデビットカードを作ることができます

 

住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード

利用額の0.6%ポイント還元
●年会費・発行手数料無料
●審査なし

年会費 0円
国際ブランド VISA
ポイント 1,000円ごとに6ポイント=0.6%円
オススメ度 ★★★★☆

住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、ICキャッシュカードとVisaデビット機能が一体になったカードなので、わざわざATMでお金を引きださなくても、そのままカードで支払いができるため手間がかかりません。キャッシュカードどデビットカードを2枚持つ必要がないので、財布の中もスッキリするでしょう。

15歳以上なら入会審査なしで即発行

日本国内に居住している15歳以上の人で、住信SBIネット銀行の口座を開設している人であれば、誰でもVisaデビットカードを持つことができるので、高校生でもすぐにカードを作ることができます。カードを作る際に入会審査がないので、審査落ちを心配する必要もありません

口座開設と同時にVisaデビットカードが発行されるため、煩わしい手続きも必要ありません。すぐにカードを発行してもらえるのは、Visaデビットカードの大きな魅力だといえるでしょう。口座開設の手続きは全てネットで完結するため、わざわざ時間をかけて店舗に出向く必要もありません。忙しい人も簡単にカードを作ることができます。

デビットカードはカード利用と同時に口座からお金が引き落とされるため、手元に現金がなくても借金無しでお買い物ができます。
口座にお金がないとカードが使えないから、使い過ぎ防止にも役立つってわけね。

一般的なデビットカードよりも機能が幅広い住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは、いろんな場面で活躍してくれます。

住信SBIネット銀行Visaデビットカードのメリット

年会費は永久無料、世界で使えるVISA付き

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは年会費が永久に無料なので、通常のキャッシュカードと同じように、持っているだけであればコストがかかりません。主要コンビニのATMで利用できるため、日本全国どこにいても困ることはありません。旅行先で現金が少なくなったときも近くのコンビニに立ち寄れば、すぐに現金を引き出すことができるので安心です。

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは世界200以上の国と地域で利用できるVISAブランドなので、国内海外問わずVISA加盟店であればどこでもショッピングを楽しむことができるのも大きな魅力です。

ポイント還元率が他社より高い

ポイント還元率が高い

ポイント還元率は、ネット銀行系デビットカードでは比較的高い0.6%に設定されているため、ポイントも貯まりやすいメリットがあります。電気やガス、水道などの公共料金の支払いにも対応可能なので、毎月の公共料金の支払いをカード払いにしておけば、ポイントを効率よく貯めていくことができるでしょう。貯まったポイントは住信SBIネット銀行のサイトから簡単に現金に交換することができます。

携帯料金なんかをデビットカードで払うようにしておけば勝手にポイントがたまっちゃうんだって。

スマートプログラム利用でポイントがザクザク貯まる

カードの利用に応じてポイントが貯まるスマートプログラムがあるので、うまく活用すればさまざまな優遇を受けることができます。カードを利用すると、現金に交換できるスマプロポイントを貯めていくことができるので、毎月の固定費の支払いを住信SBIネット銀行のVisaデビットカードにまとめておけば、効率よくポイントを貯めていくことができるでしょう。

スマートプログラムにはランク制度があり、ランクが上がるにつれて優遇内容も豪華になっていくので、カードを使えば使うほどお得になります。最高ランクになれば、ATM利用手数料と振込手数料を月間最大15回まで無料にできるので、振込や出金する際にコストがかからず安心です。

暗証番号不要、タッチするだけで決済できるVisa payWaveに対応

Visa payWaveに対応

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは、VISAが提供するタッチ型決済システム「Visa payWave」を搭載した日本初のVisaデビットカードで、専用端末にかざすだけで支払いを終えることができます。Visa payWaveを利用すればサインと暗証番号が一切不要なので、決済に手間がかかりません。他の電子マネーのように端末に接触する必要がなく、かざすだけで支払いができるので多少手間も省けるでしょう。(※金額によっては暗証番号の入力が必要になります。)

利用限度額が自分で設定できる

通常のクレジットカードはあらかじめ限度額が決められていますが、住信SBIネット銀行のVisaデビットカードなら最大1,000万円まで限度額をアップできるため、大きな買い物をする際に役立ってくれます。上限金額内であれば限度額を自由に設定できるため、使い過ぎが気になる場合は、事前に低い限度額に設定しておくといいでしょう。

保険つきだから不正利用対策も万全

カードを所持するときに注意したいのは、第三者不正使用です。盗難などでカード番号が漏れて不正利用される可能性があるので注意しなければなりません。その点、住信SBIネット銀行のVisaデビットカードであれば、年間100万円まで損害を保障してくれるため、安心して使い続けることができます。不正利用の被害は30日間さかのぼって補償を受けることができるため、不正利用の発見が多少遅れても30日以内なら損害を保障してもらうことができます。

住信SBIネット銀行Visaデビットカードを利用するとお知らせメールが送られてくるため、万が一不正利用があった場合でもすぐに気付くことができます。お金の管理がしやすいので、無駄遣いを防止したい時にも役立ってくれるでしょう。

使うとすぐメールがくるってすごく安心ね。

補償金額の上限までしか口座にいれておかないという使い方もオススメですよ。

住信SBIネット銀行Visaデビットカードのデメリット

メリットがたくさんある住信SBIネット銀行Visaデビットカードですが、人によってはデメリットと感じる部分もあるのでチェックしておきましょう。

キャッシュカードのみの発行はNG

住信SBIネット銀行の口座を開設する際に発行されるキャッシュカードには、あらかじめVisaデビットカード機能が備わっているため、デビット機能なしのキャッシュカードを発行することができません

以前はデビット機能なしのキャッシュカードの発行も可能でしたが、2016年1月26日受付分で発行終了になってしまったため、現在は全てのカードにデビット機能がついています。純粋なキャッシュカードだけを持ちたい人からしてみれば、この点はデメリットだと言えるでしょう。万が一カードを盗まれた場合、不正利用される可能性もあるので注意しなければなりません。

ポイントの現金化にはひと手間必要(有効期限にも注意)

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードを使うとポイントを貯めていくことができますが、自動キャッシュ機能が備わっていないため、現金に交換したい場合はその都度自分で手続きを行わなければなりません。

しかも、ポイントは有効期限が固定されているため、交換手続きを忘れてしまうと、せっかく頑張って貯めたポイントが全てなくなってしまう可能性もあります。ポイントの繰越は一切できません。キャッシュバック申請されなかったポイントは、そのまま失効してしまうので十分注意しなければなりません。ポイントの有効期間は、付与月の翌年度3月末に固定されているので、毎年3月は現金交換をする習慣をつけるといいでしょう。

ショッピング保険や旅行傷害保険は付帯してない

住信SBIネット銀行Visaデビットカードは、一般的なクレジットカードと違ってショッピング保険や旅行傷害保険がついていません。気にならない方なら大丈夫ですが、通常のクレジットカードに付帯しているサービスがないのは、デメリットと言わざるを得ないでしょう。(※カードの不正利用保険は付帯しています。)

口座にお金がないと使えない

Visaデビットカードは買い物と同時に銀行口座から即時引き落としとなるため、事前に口座にお金を入れておかないと、カードで買い物をすることができなくなってしまいます。支払い回数も1回のみで、分割払いをすることはできないので、人によっては不便だと感じることもあるでしょう。

住信SBIネット銀行Visaデビットカードは海外旅行に便利

海外での利用が超便利という評判の住信SBIネット銀行Visaデビットカード。その理由を詳しく解説します。

海外に強いVISAつきだから出張や海外旅行にオススメ

海外旅行にオススメの理由

住信SBIネット銀行Visaデビットカードは海外決済に強いカードなので、海外旅行や海外出張が多い人に最適です。VISAのマークがある加盟店であれば、利用限度額の範囲内で自由に買い物することができるので、特に不便に感じることはないでしょう。円と米ドルの2種類の通貨による決済が可能なので、海外でもスムーズに買い物を楽しめます。

また、VisaマークやPlusマークの付いた海外ATMを利用すれば、自分の口座から現地通貨を引き出すことができるため手間がかかりません。

スキミング対策が万全

海外旅行でカードを使う際に一番注意しなければならないのは、スキミングです。カード挿入口にスキミングマシンが取り付けられていると、カード情報がすべて読み取られてしまうので注意しなければなりません。海外ではスキミング被害が急増していると言われているため、どこでも被害にあう可能性があります。ショップの店員にカードを渡してしまうと、見えないところでスキミングを行なっている可能性もあるので要注意です。

その点、住信SBIネット銀行のVisaデビットカードならVisa payWaveに対応しているため、カードをタッチするだけで決済が可能なので店員さんに自分のカードを手渡す必要がありません。海外ではVisa payWaveを利用できる店が増えているため、ショッピングの際にVisa payWaveを利用すれば、スキミングなどの被害にあうリスクを減らすことができます。

Visa payWaveはタッチ型の電子マネーとして利用できるため、いちいち現金を支払う手間がかかりません。スムーズに買い物できるため、海外旅行をさらに楽しむことができるでしょう。初めて行く海外旅行や、頻繁に海外出張に出かける人にとって、このVisa payWaveは非常に重宝します。

住信SBIネット銀行の外貨普通預金口座から支払えば手数料不要

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードは決済方法を選べるため、海外のATMでキャッシングする際に、外貨普通預金口座から支払うことも可能です。しかも、海外事務手数料が一切かからないため、海外で米ドルを使う前に外貨普通預金口座に入金しておけば、コスト面で断然お得になります。これから海外旅行に出かける人は、事前に住信SBIネット銀行の外貨普通預金口座を開設しておくといいでしょう。

住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカードの作り方

住信SBIネット銀行のVisaデビットカードを作るには、住信SBIネット銀行に口座を開設する必要があります。口座を開設すればキャッシュカードとデビットカードが一体になったカードが発行されます。(現在、デビットカード機能がついてないキャッシュカードをお持ちの方は、公式HPからカード切り替えの手続きをしてください)

住信SBIネット銀行には店舗がないので、申し込みはオンラインで行います。

①公式HPの「口座開設」ボタンを押し、オンライン口座開設フォームに必要事項を入力
②公式サイトにログインして各種パスワード・キャッシュカード暗証番号などを設定する
③一週間程度でカードが送られてくる
④サイトにログインし、カード受取確認の設定を行う
⑤利用OK!

運転免許証などの顔写真付き身分証明書を持っている場合、カードの受け取り時に本人確認を行うので申込時に身分証明書を郵送する必要はありません。

顔写真付き身分証明書を持ってない場合は、申込み後に本人確認書類を郵送して本人確認を行います。

 

▼口座開設に必要な本人確認書類

顔写真付きの身分証明書がある

・運転免許証、運転経歴証明書
・パスポート
・在留カード、特別永住者証明書
・写真付き住民基本台帳カード
・官公庁が発行した身分証明書で写真付のもの
・公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

上記のいずれかをカード受け取り時に提示

顔写真付きの身分証明書がない

・運転免許証のコピー + 公共料金の領収書(原本)
・各種健康保険証(コピー) + 公共料金の領収書(原本)
・写真付き住民基本台帳カード(コピー) + 公共料金の領収書(原本)
・在留カード、特別永住者証明書(コピー) + 公共料金の領収書(原本)
・住民票の写し、住民票記載事項証明書(原本)
・印鑑証明書(原本)
・個人番号カード(マイナンバーカード)(コピー) + 公共料金の領収書(原本)

上記のいずれかを郵送

 

▼住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカードのスペック

商品名 ・Visaデビット付キャッシュカード
ポイント還元 あり
ポイント付与内容 1,000円ごとに6ポイント=0.6%
国際ブランド VISA
利用可能な場所

・国内外のVISA加盟店舗
・ネットショップ
・「VISA」「PLUS」マークのある海外ATM(現地通貨の引き出し)
・公共料金の支払いも可能

入会審査 なし
利用対象者

満15歳以上
(未成年でも親権者の同意不要)

年会費 0円 無料
支払い方法 原則、即時引き落とし
支払い回数 1回
限度額 最大、1日1,000万円まで
※初期設定は30万円(変更可能)
※普通預金残高以上の利用は不可
保険 第三者不正使用保険付帯
(1口座につき100万円まで)

Visa payWave 対応

デビットカードを選ぶカテゴリの最新記事