デビットカードでキャッシングはできる?海外で現金引き出しが簡単!!

デビットカードでキャッシングはできる?海外で現金引き出しが簡単!!

「デビットカード キャッシング」でネット検索してる人が多いようです。

「デビットカードでもクレジットカードと同じようにキャッシングできるか?」
知りたいと思ってる人が多いからでしょうね。実際、この質問多いです。

デビットカードでキャッシングはできる?

残念ながらデビットカードではキャッシングはできません

デビットカードは、口座のお金をダイレクトに使ってお店や通販で支払いを行うサービスですから、口座に貯金されてる以上のお金を使うことはできないのです。

え~、いざと言う時キャッシングできないのはデメリットだわ~。

たしかに、急に現金が必要になったときにキャッシングができたら便利ですよね。

でも、キャッシングができない(お金が借りられない)からこそ普段の生活にデビットカードを利用するメリットがあるんです。

デビットカードの発行に審査がない理由

デビットカードの発行には審査がないことを知っていますか?

現金をもたずに決済できるという点ではクレジットカードと同じなのに、なぜデビットカードの発行には審査がないのかと言うと、クレジットカードは利用するたびにカード会社から借入れしているのに対して、デビットカードは自分の口座のお金を使うだけ、つまり一切借金をしていないからなんです。

口座に残高がなければデビットカードを使って支払いすることはできませんから、カード発行会社(銀行など)に貸し倒れのリスクは全くないので与信審査を行う必要がないんですよね。

これ、利用者目線で言い換えれば、「普段の生活にデビットカードを利用している限り、使い過ぎで借金地獄~からの自己破産でブラックリスト入り~~なんてことは起こりえない」ということになります。つくづく借金が嫌いな日本人向けのカードですよね。(しいていうなら、ATMに行かずにすんじゃう分だけ現金派よりは使い過ぎの心配があると言えなくもないですが)

無い袖は振れないんじゃなくて振らないが正解ね

クレジットカード機能つきキャッシュカード

カードは使い分ける時代

デビットカードは銀行口座と紐づいていて、買い物やレストランなどで利用するたびにダイレクトに口座のお金が引き落とされるというシステムなので、口座に預金残高がないと利用できません。でも、これだけでは困る場合もありますよね。

たとえば「今じゃないと買えないもの、行きたいところがあって次のお給料日まで待てない。」とか、「ちょっと値段が高いのでローンを組んで買いたい」「冠婚葬祭が続いて、どうしても預金以上の現金が必要」、こんな時はデビットカードだけではどうにもなりません。クレジットカードやカードローンとの使い分けが必要になってくるわけですね。

ただし、くれぐれも事前に返済計画をたてておくことを忘れないでくださいね。とくに消費者金融のカードローンは金利が高いので、自分に返済できる金額かどうか事前に返済シミュレーションなどのサービスを利用してから申し込むようにしましょう。

何枚もカードを持つのがイヤなら

・普段使いには借金じゃないから返済の心配がないデビットカード
・急な出費や分割払いにはクレジットカードやカードローン

今の時代こんな風にカードの使い分けがマストですが、カードをたくさん持ちたくないという人にはクレカ機能つきのキャッシュカードを持つという選択肢もあります。

「ATMでお金を引き出す」キャッシュカード機能と「後払いで商品を購入する」クレジットカード機能が一体化しているので、何枚もカードを持つのは嫌だという人におすすめです。※デビット機能はついていません。

クレカ機能つきのキャッシュカード

・楽天銀行カード
楽天銀行のキャッシュカードと楽天カードが一体化、年会費が永年無料、楽天市場でポイント最大3倍、楽天銀行の普通預金金利が2倍など特典盛りだくさん


お申し込みはこちら

※「カードをつくる」メニューで「楽天銀行カード」を選択してください。口座開設も可能です。

残高以上引き出せる引出可能残高って何?

ネットバンキングや銀行アプリで残高をチェックしていたら、現在残高の他に「お引出可能残高」という項目があって、「カードローンを付けた覚えもないのに、なんだろう?」と思ったことがある方がいるかもしれませんね。

引出可能残高の説明

実はこれ、普通預金の残高+貸越極度額の表示です。銀行や郵便局では特別な手続きなしで、定期預金の90%または銀行は200万円、郵便局は300万円(※金額が異なる場合あり)のうち少ない方の金額の貸付を受けることができます。つまり、上の例では残高+200万円までお金が引き出せるということになります。

預けている定期預金が担保になっているので、債務状況などの信用チェックを受ける必要がなく融資審査なしで貸し付けを受けることができますが、しっかり利息がつくので利用には注意が必要です。

海外ATMでキャッシング

海外旅行中に、現地のお金が必要になることもあると思います。この場合、VISAやJCBなどの国際ブランドつきデビットカードをもっていれば、ATMを利用して現地通貨を引き出すことが可能です。しかもデビットカードの場合、国内のATMでお金を引き出すのと同じでキャッシングではないので利息がつきません。ただし、為替レートに2~3%程度の事務手数料が加算されて、銀行口座から引き落としされます。

 

※設置場所のカード会社が数100円程度の手数料をとることがあります。
デビットカード 海外ATM手数料 海外利用限度額
JNB Visaデビット 出金手数料0円
レートに海外取引コスト3.02%加算
ショッピング利用金額と合算して、1日あたり最大500万円まで設定可能
三菱UFJ-JCBデビット 108円(税込)
JCB指定の基準レートにJCBが指定した料率(1.6%)+海外事務手数料3.0%を加算
・海外ショッピング0~200万円
※初期設定50万円
・海外ATM現地通貨引出10万円
三菱UFJ-VISAデビット 108円(税込)
Visa指定の基準レートに海外事務手数料3.0%を加算
・海外ショッピング0~200万円
※初期設定50万円
・海外ATM現地通貨引出10万円
住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード 海外事務手数料2.50% 0~100万円
※初期設定30万円
Sony Bank WALLET 216円
レートに海外事務手数料1.76%加算
0~100万円
※初期設定50万円
SURUGA Visaデビットカード 216円
レートに海外事務手数料3.0%加算
イオンデビットカード 216円
レートに海外取引関係処理経費1.60%加算
普通預金口座残高と利用限度額の範囲内
SMBCデビット 108円
レートに海外事務手数料3.0%加算
1か月0~100万円
※初期設定30万円
楽天銀行デビットカード 出金手数料0円
レートに海外取引コスト3.024%加算
1日最大20万円。
※デビット利用限度額が20万円より低い場合はデビット利用限度額が上限
りそなデビットカード 海外事務手数料2.50% 現地金融機関の限度額を優先
GMOあおぞらネット銀行VISAデビット 海外取扱事務手数料3.02% 1000円~100万円
※初期設定30万円

海外の両替所は手数料が高かったり、いい加減な店員が間違ったお金を(故意に?)渡してくることもあって、しっかり確認しないと損をしてしまいます。また、受け取れるはずの金額より少ない金額を渡されて「あれ、おかしいな?」と思っても言葉が分からないので交渉できず泣き寝入りしたと言う人も少なくありません。ATMなら、そういった心配がないので安心です。ただし、ATMを利用する場合は周りに怪しい人がいないか必ずチェックしてくださいね。

利用できるATMの見分け方やお金の引き出し方は方法、以下の記事で写真つきで詳しく解説しているので参考にしてください。

デビットカードを知るカテゴリの最新記事